割烹 魚政
お料理
あんこう料理 納豆料理 会席/宴会料理 ランチ/ディナー 魚政食べログ

水戸市で法事のお食事

水戸市で法事のお食事会は魚政にお任せ下さい。
美味しい和食と和の個室空間で故人を偲ぶ法事の席をおもてなしいたします。料理は法事におすすめのコースプランをご用意。故人が好きだったもの、お越しいただく方が苦手なものなどお気軽にご相談下さい。お子様のお食事や影膳、白ふかしなどもご対応いたします。
個室は最大60名様までのお座敷個室を完備。ご年配の方で足が痛くなってしまうお客様にはお座敷椅子もご用意可能です。大切なご法事を心を込めてお手伝いさせていただきます。

会席料理

法事料理


法事料理


※写真はイメージになります。
※季節によりメニュー内容に変更がございます。

ご宴会プラン

とらふぐコース

法事でよくあるご質問

Q.影膳は必要ですか?
A.「影膳」は地域の習慣やご法要の規模にもよりますので必ず必要というものではございません。
しかし、法事の主賓である故人様と一緒にお食事を召し上がっていただく事は大切な事と考え、準備をされる方が多いようです。

Q.法事の時はどんな服装がいいですか?
A.法事に出席する際の服装は、黒い服装が適切とされています。男性はスーツ、女性はスーツかワンピースが一般的です。

Q.献杯は必要ですか?
A.献杯は故人に敬意を表し、杯を捧げて敬意を表す意味があります。全員が揃ったところで、位牌の前に酒の入った盃を置き、喪主の挨拶、代表者による献杯の挨拶と続きます。

Q.献杯は、お酒ですか?
A.これは故人に捧げるお酒になります。呑めない方、車の運転する肩は、口をつける動作だけ行うようにしましょう。

Q.法事の席順は?
A.地域によって違いがあるようですが、多くは上座に僧侶が座り、施主は僧侶をもてなす役割で僧侶の隣に座わるようです。次の席からは親族以外の参列者が座り、施主以外の親族は末席に座ります。また、会食全体が和やかな雰囲気で進むように席順を考えておくことも必要です。


当店のあんこう鍋・あんこう供酢・あん肝自信をもってお出ししております。
もちろん国産、特に近海の生きの良い物を仕入れています。
最近は数が少ないですが、久慈浜で揚ったあんこうを仕入れる事が多いです。是非ご賞味下さい。

水戸での割烹料理、各種ご宴会・接待・法事・結納・忘年会などお気軽にご相談下さい。